新幹線を降りたらおいでやすと微笑む京都の看板

京都は日本の中でも古い歴史を持つ街であり、新幹線を降りたときからそれを感じることができます。おこしやすと控えめに書かれた看板というのは、それだけで京都らしさを実感することができ日本の古都であることを認識させられます。京都というのは古い歴史があるだけに、街の景観なども昔の良さを極力残そうとしているだけあって他の地域にはない独特の雰囲気があります。看板ひとつとってもそれは感じることができるものであり、今の日本というのはどこに行ってもはでな看板があちこちに掲げられていますが、教徒の場合にはそのようなことはありません。看板の数自体は大きな都市だけに少ないわけではありませんが、それでも街の景観を壊さないように配慮されたものばかりとなっているのです。

日本は景観を無視しすぎている傾向が強い

日本というのは、景観というのをあまり考えていない傾向にあります。あまりどの過ぎた物は許されませんが、実際には街中の至る所にはでな看板などがたくさん掲げられていて、お世辞にもきれいな町並みとは言えません。特に日本の首都である東京に関しては、景観という概念がないほどにごちゃついていて安らげる場所が無いぐらいです。日本というのは広い国ではありませんから、必然的に建物などが密集することになりその中で更に看板が所せましと掲げられることになるので景観は破壊されてしまいがちです。そのような中、京都とというのは例外的に景観を重視した地域となっていることから、看板などが乱立するということはなく今の日本にはない景観が残されています。そして、その控えめな感じは新幹線を降りたときから感じることができるのです。

シンプルで集客できる看板作りを心がけている

京都は景観を重視された街ですから、多くの企業がド派手な宣伝をすることができるわけではありません。それだけに景観を壊さない落ち着いた雰囲気の看板の中で、どれだけ集客をすることができるのかということが重要となってくるのです。他の地域ではカラフルで目立つ看板を掲げている企業も、京都ではそれができませんからどこもどのようにして目立たない看板の中で目立つようにして集客をしようか日々頭を悩ませています。そのような事情があることから京都には景観を壊さずそれでいて入ってみたいと思わせるデザインの看板が多数あるので、広告ひとつとっても町並みを眺めて楽しむことができる地域となっています。注意していないと見落としがちなポイントですが、意識して眺めてみると面白いものです。