京都の街を歩いて目をひく看板達

京都の街を歩いていて目をひくのは、全国展開しているチェーン店の、他の地域とは色合いの違う看板です。世界的なチェーン展開をしている各ファーストフード店の看板は、おなじみになって頭にしみ付いているので、それがまったく違う色合いとなって掲げられているさまは新鮮で、とても印象に残ります。低価格路線で全国展開している有名なファッションブランドの看板や、コンビニエンスストア、ガソリンスタンドの看板なども、街並みと調和するような色遣いに変更されていて、趣が感じられます。そうした看板に出会うたび、京都は別世界ということが如実に感じられます。日本の他の地域では派手で鮮やかな色彩で表示されている看板が、モノトーン色となっているのを見ると、しばし見入ってしまいます。

おなじみの看板の赤色が茶色や黒に

京都も大都市ですから、全国展開しているチェーン店は京都市内にほとんどあります。ハンバーガーなどのファーストフード店、ファミリーレストラン、コンビニなどの看板は、派手で鮮やかな色彩で、常に身近に存在しているため、それが京都市内では軒並みシックな色に変更されているのを見ると、とても印象に残ります。京都の街並みに合うように、古都京都の風情を損なわないように、どの看板も独特の工夫がされていて、かなり目を引きます。京都でしかお目にかかれない光景ですから、これも京都名物と言えるのではないかという気がするほどです。どの看板も、京都の風景によく溶け込んで、古風な感じがします。やはり、わび、さびを感じさせる色が多いです。他の地域では、目立ったもの勝ちといった主旨で表示されている看板も、違った面を見せていて、趣があります。

京都市が推奨している方向へ向かう

京都市は、優れた看板は表彰し、助成金を出しているほどですから、看板自体を否定しているわけでは決してありません。京都の風景にマッチし、京都名物ともなりそうな看板を出すことは、推奨しているわけです。各チェーン店は、その方向に合わせて、非常に創意工夫しているようです。同じコンビニエンスストアでも、京都ですべて同じ色合いの看板に変更しているわけではなく、周囲の色彩に合わせて、色を変えています。市内を観光で回っていると、そうしてさまざまに変えられた色使いに出会えて楽しいものです。中には、市から表彰されてもいいのではないかと感じられるものもあります。このように多くの人々が、この古都を愛し、大事にしようとしている、ということがうかがえて、感動を覚えたりもします。